オーストラリア・マカダミアの物語はずっと昔にさかのぼる・・・

太古の昔から変わらない
大自然そのままの土俵、気候、季節が育てる
プレミアムなマカダミアナッツには、オーストラリアのエッセンスが詰まっている。

製法、栄養、美容などの話題もおりまぜながら、マカダミアナッツのこと、あれこれ語りたいことがたくさんある。

マカダミアの国へようこそ

オーストラリアの大自然に育まれた天然のマカダミアナッツをアボリジニの人々は、「キンダル・キンダル」と呼び、ごちそうとして楽しんだ。
初めてヨーロッパ人の目に留まったのは1850年代。
植物学者のウォルター・ヒルとフェディナンド・フォン・ミューラーは、
クイーンズランド州の森で育ったマカダミアの神秘的な美しさに息を飲んだと言われている。

上質を極めた至高のナッツ

photo

マカダミアナッツの故郷

マカダミアナッツは6千万年前、
オーストラリアで生まれたと言われている。

photo-03

他のナッツでは味わえない

クリーミーな口あたりと、
バターのような独特の風味。

photo-06

太古の大自然が育む

故郷の土、気候、季節、
オーストラリアのエッセンスが全部つまっている。

photo-07

クリーンでナチュラルな製法

自然と共存した世界一流の栽培方法で、
他の産地とは一線を画している。

photo-30

苗木から食卓まで、クリーンでグリーン

オーストラリアのマカダミア栽培農家は、クリーンでグリーンな栽培加工と、世界のベストプラクティスたる農法に強くこだわっている。
それは、自分たちのみならず、周囲のコミュニティのためにも持続可能な未来を考えているから。

photo-32

【生物農薬:タマゴヤドリコバチ】

ナッツに穴をあける害虫を退治するためにタマゴヤドリコバチの卵を活用。成長したタマゴヤドリコバチが害虫に寄生し、天敵となり、作物被害を減らす。
8% ナッツに穴をあける害虫による被害を8%減少
7割 栽培農家の約7割がタマゴヤドリバチを導入
10年 この10年で化学農薬の使用が大幅に減少

photo-31

【新たな取組み:フルーツ・スポッティング・バグ(害虫)

毎年数百万ドルもの大きな被害をもたらすフルーツ・スポッティング・バグという害虫を抑制するため、複数の柱からなる環境にやさしい新たな対策プログラムを他に先駆けて検討している。
※フルーツ・スポッティング・バグとは、クイーンズランド州の沿岸とサブ沿岸地域全体で発生するネイティブな昆虫。亜熱帯地域の樹木作物の害虫である。

photo-33

【環境保護:ミツバチ他】

世界中で危機的状況なミツバチの数を守る。オーストラリアの蜂が集めるマカダミアハニーは独特の風味で知られ、プレミアム価格で販売されている。 オーストラリアに元々いた動物や益虫を守ること、農場全体の土壌のコンディションを改善することなどに取り組みながら、農場内の残る熱帯雨林を自然環境と水資源の保護のために再生させる。

photo-34

【環境保全プロジェクト】

先住民の人々にずっと大切にされてきたマカダミアナッツだが、野生の木の80%が失われ、現在残っている森の多くも絶滅の危機に瀕していると言われている。持続可能な未来を築き、上質を極めたマカダミアナッツを守り続ける。それがオーストラリア・マカダミア協会の役割。

プランテーション

1880年代、初めてのプランテーションが行われる。
ただ、世界一固い殻を割るのが困難であったため、商業的な栽培が実現するのは1954年、加工機械が導入されてからになる。

亜熱帯性の気候

現在も、マカダミア農場のほとんどは、マカダミアが本来自生していた自然の恵み豊かな土地にある。花の咲く季節から収獲が近づく秋のはじめまで、やさしい雨がたっぷり大地を湿らせる。

小さなおいしい贈り物

オーストラリアに自生する植物の中で、食品として商業的な栽培が行われたのはマカダミアのみ。オーストラリアから世界へ、小さなおいしい贈り物となった。

Fair dinkum(オーストラリア英語で「本物」)

マカダミアは、現在さまざまな国で栽培されているが、本来の自生の地であるオーストラリアの生育条件を正確に再現することはできない。だからこそ、オーストラリア・マカダミアだけが「Fair dinkum」であり続ける。

健康な毎日に、1日5粒

マカダミアにたっぷり含まれている「一価不飽和脂肪酸」は、とてもヘルシーな油分。その他にもマンガンや銅などの抗酸化物質も含まれており、老化を防ぐ効果があると言われている。

心臓の健康食

ヘルシーな脂肪酸(植物由来のオメガ−3脂肪酸と一価不飽和脂肪酸)、植物ステロール、食物繊維、マンガンなど抗酸化物質等、心臓を保護する栄養素が効果的に含まれていて、コレステロールが含まれていない、理想的な健康食。

ダイエットにも効果的

食物繊維が豊富で、タンパク質を含み、満腹感が持続するので間食の誘惑にも負けないパワー、食べて健康的なダイエット。

料理に合わせてサイズを選ぶ

カリッとした歯ごたえと独特の風味、日持ちのよい食材としてオーストラリアでは日常の食事に大活躍。加工後の出荷サイズによってさまざまな用途に利用できる。ホール、プレミアムハーフ、プレミアムミックス、マカダミアミールなど料理に合わせて使い分け。

マカダミアオイルは純度100%

マカダミアオイルはコールドプレス(低温圧搾)で抽出された純度100%の最もヘルシーなオイルのひとつ。サラダオイルやクッキングオイルとして使われる。他の食物油に比べて燃焼温度が低いのが特徴。

いい環境で育てること

北部ニューサウスウェールズとクイーンズランドの理想的な自然環境ですくすくと育つマカダミアの若木。栽培農家は大切な表土を守るため、木々の間に日陰でも育つ「覆い草」を施す。

収獲まで10年

苗が成熟し、本格的な収獲が可能になるまで10~15年といわれているマカダミア。大きくなった木は、高さ12mから15mくらいまで育つ。それぞれの小枝に40から50の花が甘い香りを放つ。その花が、4から15の果実となり、熟したのちにナッツになる。

自然に落ちるまで待つ

春の始まりとともに最初の花が咲き、初夏には実が形成され、秋になると丸々とした緑色の実がまとまって結実する。その後約4ヶ月をかけてゆっくり成熟した実は自然に導かれるように地麺に落ちる。木を揺する必要がないので、根にストレスを与えることがない。

マカダミアの正体は種

熟した実の中心にある茶色い種、その種の中身がマカダミアナッツ。とっても固い殻に守られているから、落ちたくらいではビクともしない。乳白色のキレイなナッツには、成長するための栄養がギュっとつまっている。

ゆっくり自然に

収獲機で集めたマカダミアは、サイロに貯蔵されてから加工工場に運ばれる。
品質と水分検査の後、今度は乾燥サイロに移し、熱で乾燥させて殻を割る準備をする。水分量1.5%まで乾燥、実が収縮することで中身を殻から自然に外すことになる。ここに最長3週間かかる。

0~8に等級付け

ナッツは見た目と大きさにより、0~8に等級付けされる。Style0は大きな丸ごと、Style8は細かく砕いた状態。

長期保存が利くように

マカダミアのほとんどは通常、窒素を通したフォイルで真空パックされたあと、酸素濃度を下げるために頑丈な箱に詰められる。酸敗臭を防ぎ、長期保存が利くようにするため。販売されているものは、酸素を透過しないラミネートされたフォイルの小袋、缶詰、ガラス容器、PET容器、ビニール袋などのパッケージで出荷される。

毎年数百万ドルを研究・調査に投資

機械化のさらなる進化、品質へのこだわり、栽培加工のすべての要素を改善し続けるための投資をおしみなく。ISO認証の厳しい品質管理システムを導入している。

National Residue Survey(NRS)

政府が実施するNRSの残留物質調査に15年前から参加し、常に100%のコンプライアンス達成率を獲得している。この記録は他のナッツ栽培業者はもちろん、オーストラリアの生鮮食品業界全体においても、他の追随を許さない実績となっている。

生産者のプライド

NRSの結果として模範的記録を残すことは、マカダミア産業の残留農薬、化学物質の使用、そして環境汚染に対する姿勢の証明である。オーストラリアのマカダミアナッツを「プレミアム」と表現する自信のみなもとともなっている。

世界をリード

オーストラリア・マカダミア協会の研究プログラムは、高品質なナッツを効率よく収獲するための樹木生理学や土壌管理学において世界をリード。さまざまな土壌や微細な気候の違いがあっても栽培が可能な育種プログラムによって、本来の特徴と品質を維持できるよう品種開発することに力を注いでいる。

17,000ヘクタールの大地に、600万本のマカダミアの木。
365日、片時も休まず大気中のCO₂削減に貢献している。

オリジナル、そしてベストなものを選ぶ価値・・・

オーストラリアで生まれ育ったオリジナルの価値を守る。
そして、食べてくださる多くの方にその特別な価値を味わっていただく。

オーストラリアから世界へ、あなたへ、自信をもってこれからも上質を極めた至高のナッツを届けます。