MACADAMIA LOVERS

野生のマカダミアの木を、未来へと繋ぐ

マカダミアナッツの故郷、と聞くとみなさんはどの国を思い浮かべますか?実は原産国はオーストラリアなんです。今みなさんが食べているマカダミアナッツのルーツは全て、オーストラリアの熱帯雨林に自生しているマカダミアナッツの木に辿り着く、ということ。しかし、そのマカダミアの野生種が今、絶滅の危機に瀕しているというのです。「このままでは絶滅は止められない」野生のマカダミアの保全に立ち向かう一人の男性にお話を伺いました。

冬の腸活&脳活!マカダミアで腸内環境を整えて頭もスッキリ!

大きなプレゼンや学校の試験前など、緊張やストレスを感じお腹を下したり、腹痛に悩まされたりする話を耳にしたことがあるかと思います。このように脳がストレスを感じると、自律神経を通じて腸の働きに影響を及ぼすことが多くの研究でわかってきています。今まで消化器の一つとして切り離されていいた「腸」が、実は私たちが頭で感じたり考えたりすることと影響を及ぼし合っていると聞けば、できるだけHAPPYな脳内で過ごしたいものですよね!今日はこの「脳腸相関」を簡単に紐解きながら、マカダミアをはじめとする植物性食品を食べることでどのようなメリットがあるかをみていきましょう。

「モノカルチャーからポリカルチャーへ」マカダミア産業におけるSDGs オーストラリアマカダミア産業の革新的な「再生農業」にクローズアップ!

貧困の撲滅や飢餓の根絶、エネルギーの持続可能性など持続可能な開発目標を掲げ、2030年までに達成されることを目指すSDGs(Sustainable Development Goals)。オーストラリアのマカダミア農園はSDGsの一つである、「気候変動対策」にもつながる持続可能な農業に対し真摯に取り組み、努力を続けています。その中でも今回は、人間の利己を追求するのではなく、環境を第一に考えた「再生農法」にクローズアップ。この農法の根底にある考え方とは?マカダミア農家のレックス・ハリス氏に、詳しくお話を伺いました。

冷蔵庫に「あるもんで」作るいつものご飯にマカダミアをプラス! 題して「マカダミアアルモンデ」レシピ特集!

クリスマスや新年の準備、大掃除、年内の仕事の締め切り、流行するウィルス…何かと慌ただしい師走だからこそしっかり体調管理をして乗り切りたいものですよね。忙しさにかまけてご自身を労る時間、忘れていませんか?一年頑張ってこられたのも自分が元気で過ごせたから。スキマ時間に温かいドリンクや甘いスイーツで一息ついて、気分転換しましょう。今回はまるでご褒美のように美味しいマカダミアのホットドリンクやスイーツの特集です。ご堪能あれ!

マカダミアのあったかドリンクとしあわせスイーツで、心もカラダもぽっかぽか

クリスマスや新年の準備、大掃除、年内の仕事の締め切り、流行するウィルス…何かと慌ただしい師走だからこそしっかり体調管理をして乗り切りたいものですよね。忙しさにかまけてご自身を労る時間、忘れていませんか?一年頑張ってこられたのも自分が元気で過ごせたから。スキマ時間に温かいドリンクや甘いスイーツで一息ついて、気分転換しましょう。今回はまるでご褒美のように美味しいマカダミアのホットドリンクやスイーツの特集です。ご堪能あれ!

年末年始はマカダミアの韓国レシピと共に話題の韓ドラ一気見作戦!

韓国ドラマ、今年もアツかったですね!ハマったわ〜という方も多いのではないでしょうか?韓国ドラマといえば、食欲そそるグルメの数々。あの長い金属のお箸で美味しそうに食べ、チャミスルで流し込む俳優さんたちに釘付けになってしまいます。食欲を刺激されたら!韓国グルメ、作っちゃいましょう!しかも美味しいマカダミアを掛け合わせて、さらにパワーアップ。おいしくて堪らない!ミラクルなレシピをご紹介します。

週末、心地よい秋晴れの日に「マカダミア・アペロ」

肌寒く感じる日が増えて、朝晩は寒いですが昼間の太陽の光が最高に心地よい季節ですよね。こんな時期の週末は、窓から差し込む秋の太陽温かさを感じながらちょっと早めの時間からアペロ・タイム!お供は別名「ナッツの王様」=マカダミアナッツ。今回はヘルシーでなんとなく幸せになってしまうハート型の幸せナッツ、マカダミアで楽しむアペロタイムをご紹介します。

マカダミアナッツのお役立ち情報!よ〜く聞かれる質問Top5

日々マカデミアラバーの皆さまからマカダミアナッツについてたくさんのご質問をいただきます。そこで今回はマカダミアのお役立ち情報!マカデミアナッツのよくいただくご質問をまとめてお届けいたします。マカダミアをもっと知って、もっと大好きになってもらえたら嬉しいです♡

この秋はヴィーガンチーズを極めましょ!美味しいマカダミアチーズの作り方

健康への意識が高い人々の間で話題のビーガンチーズ。さまざまな理由から乳製品を避ける方達にとっての代替品として注目を集めています。一方で、特に乳製品を避ける理由などがない方々にとってヴィーガンチーズはまだなんとなく遠い存在…でもその美味しさを知らないのはもったいない!今回はヴィーガンチーズがなぜおすすめなのか、そしてマカダミアで簡単に作れるナッツチーズをご提案します。代替品としてではなく、一つの選択肢としてぜひ楽しんでくださいね♡

いつだって大人気!マカダミアナッツとチョコレートの魅力に迫ります!

マカダミアといえばチョコレート!と連想される方も多いのではないでしょうか?言わずもがな、この2つの相性は抜群ですよね。マカダミアナッツは木の実、チョコレートもそもそもはカカオという豆。それぞれに栄養も豊富なのでむしろ合わせていただくと嬉しいことばかりなんです。今日は改めてこの人気コンビ、「マカダミアナッツとチョコレート」に注目。秋冬にピッタリな濃厚レシピもご紹介しちゃいます!

運動時の栄養補給。ナッツのなかでも、なぜ「マカダミア」がいいの?

ブタペストでの世界陸上、パリオリンピックへの切符を見事手に入れた男子バスケットボールに続き、この秋はラグビーW杯が開幕。手に汗握り心揺さぶれらながら選手を応援する日々がやってきました!
スポーツの秋、観戦するのはもちろんのこと、選手の俊敏な動きに触発され何か新しい運動やスポーツを始めてみるのもいいのではないでしょうか。運動を楽しく継続するためにマカダミアができること、そして私たちがアクティブに毎日を過ごせるための「食べ方」のヒントとなるTipsをまとめてみました。

小さなミツバチの持つ大きなパワーに注目!マカダミア農園の働き者

1キログラムのマカダミアナッツを生産するのに約140匹のミツバチが必要であること、みなさんご存知でしたか?彼らの働きがなければ、あの美味しいマカダミアナッツは食べることができないのです!ブンブン飛び交うとちょっぴり怖いと思ってしまうハチさん達ですが、私たちはとってもお世話になっているのですね。