コラム

奇跡のナッツ=マカダミア体験トリップ in オーストラリア

2024年5月、オーストラリア・マカダミアは、マカダミアナッツを愛する4人のインフルエンサーをマカダミア生誕の地・オーストラリアへ招待し、マカダミアナッツの美味しさを体験していただきました。オーストラリアの最東端、ニューサウスウェールズ州の北東部に位置するバイロン・ベイは、ゴールドコーストから車で南に約1時間前後。美しいビーチと、マカダミアの農園が広がる世界で最も美しいリゾート地の一つとも言われています。今回は、マカダミアナッツの故郷・オーストラリア、バイロン・ベイでマカダミアナッツを堪能する「マカダミア体験」の旅の模様をご紹介します。

オーストラリアのマカダミア農家さんの笑顔が素敵な理由とは?

オーストラリアのマカダミア農家さんにお会いすると印象に残るのはそのとびっきり素敵な「笑顔」。内面から滲み出るその穏やかな表情はどこまでもたおやかで優しさに溢れています。今回はマカダミアの生産者の素敵な笑顔の裏側にクローズアップ。それぞれの笑顔のもとをシェアしてもらいましょう。幸せのスイッチは意外と自分次第でオン!になるのかもしれません。

朝ごはんはカラダの目覚まし時計

この春、新生活もスタート!環境がガラリと変わった方も多いのでは!?バタバタとしがちな朝ですが、朝のリズムを整えるって実はとても大切。なぜなら朝は1日の始まりであり、過ごし方がその日のパフォーマンスに大きく影響を与えるから。そこで外せないのは「朝食」。ないがしろにしている皆さんに是非とも楽しんでほしい、起きるのが楽しみになるくらい美味しい「マカダミアブレックファスト」のご紹介です。

マカダミアの野生種をなぜ守るべきなのか?「ウォーク・ウィズ・ワイルド・マカダミア」で保全活動を学ぼう!

マカダミアの木を見たことはありますか?ここ日本では見かけることはなかなかありません。でも実はオーストラリアでは熱帯雨林に自生し、裏庭でも多くみかけることができるオージーにとってとても馴染み深い植物です。世界で唯一マカダミアが自制している国がオーストラリアなのです!しかし、マカダミアの木は今現在絶滅危惧種に指定されています。オーストラリア人の多くは、自宅の裏庭や果樹園でマカデミアの木を見慣れていますが、熱帯雨林という本来の環境でのマカデミアの木をイメージするのはなかなか難しいですよね。

マカデミアモーメント:ジアン・ルーニーのマカダミア物語

オリンピック・メダリスト、TV司会者など多くの顔を持ち多方面で活躍されているジアン・ルーニー。数年前にオーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州のファーノース・コーストでマカデミア農家として営農され、さらに多忙な日々を送っています。今回は彼女のマカデミア農園に訪れ、ジアンさんの私生活にクローズアップすることに。彼女の原動力はどこに?ビッグスマイルの源は!?など色々とお話を伺ってきました。

ホクホク美味しい!豆&マカダミア・レシピ特集

今月のピックアップ食材は「豆」。手に入りやすい上に栄養価も高く、そのホクホクっとした食感が美味しいお豆をマカダミアと合わせたら、なんとも滋味深く、美味しいレシピが出来上がりました。豆は様々な種類があり、スープやサラダ、煮込み料理など使い勝手がとても良い食材の1つ。すでに水煮されたものもスーパーには並んでいるので手に入れやすいのも魅了です。季節の変わり目は体調が崩れがちですが、マカダミア&お豆の最強ヘルシー・コンビで毎日を豊かに、美味しく、健康に過ごすヒントになるレシピをお届けします。

野生のマカダミアの木を、未来へと繋ぐ

マカダミアナッツの故郷、と聞くとみなさんはどの国を思い浮かべますか?実は原産国はオーストラリアなんです。今みなさんが食べているマカダミアナッツのルーツは全て、オーストラリアの熱帯雨林に自生しているマカダミアナッツの木に辿り着く、ということ。しかし、そのマカダミアの野生種が今、絶滅の危機に瀕しているというのです。「このままでは絶滅は止められない」野生のマカダミアの保全に立ち向かう一人の男性にお話を伺いました。

冬の腸活&脳活!マカダミアで腸内環境を整えて頭もスッキリ!

大きなプレゼンや学校の試験前など、緊張やストレスを感じお腹を下したり、腹痛に悩まされたりする話を耳にしたことがあるかと思います。このように脳がストレスを感じると、自律神経を通じて腸の働きに影響を及ぼすことが多くの研究でわかってきています。今まで消化器の一つとして切り離されていいた「腸」が、実は私たちが頭で感じたり考えたりすることと影響を及ぼし合っていると聞けば、できるだけHAPPYな脳内で過ごしたいものですよね!今日はこの「脳腸相関」を簡単に紐解きながら、マカダミアをはじめとする植物性食品を食べることでどのようなメリットがあるかをみていきましょう。

「モノカルチャーからポリカルチャーへ」マカダミア産業におけるSDGs オーストラリアマカダミア産業の革新的な「再生農業」にクローズアップ!

貧困の撲滅や飢餓の根絶、エネルギーの持続可能性など持続可能な開発目標を掲げ、2030年までに達成されることを目指すSDGs(Sustainable Development Goals)。オーストラリアのマカダミア農園はSDGsの一つである、「気候変動対策」にもつながる持続可能な農業に対し真摯に取り組み、努力を続けています。その中でも今回は、人間の利己を追求するのではなく、環境を第一に考えた「再生農法」にクローズアップ。この農法の根底にある考え方とは?マカダミア農家のレックス・ハリス氏に、詳しくお話を伺いました。

冷蔵庫に「あるもんで」作るいつものご飯にマカダミアをプラス! 題して「マカダミアアルモンデ」レシピ特集!

クリスマスや新年の準備、大掃除、年内の仕事の締め切り、流行するウィルス…何かと慌ただしい師走だからこそしっかり体調管理をして乗り切りたいものですよね。忙しさにかまけてご自身を労る時間、忘れていませんか?一年頑張ってこられたのも自分が元気で過ごせたから。スキマ時間に温かいドリンクや甘いスイーツで一息ついて、気分転換しましょう。今回はまるでご褒美のように美味しいマカダミアのホットドリンクやスイーツの特集です。ご堪能あれ!

マカダミアのあったかドリンクとしあわせスイーツで、心もカラダもぽっかぽか

クリスマスや新年の準備、大掃除、年内の仕事の締め切り、流行するウィルス…何かと慌ただしい師走だからこそしっかり体調管理をして乗り切りたいものですよね。忙しさにかまけてご自身を労る時間、忘れていませんか?一年頑張ってこられたのも自分が元気で過ごせたから。スキマ時間に温かいドリンクや甘いスイーツで一息ついて、気分転換しましょう。今回はまるでご褒美のように美味しいマカダミアのホットドリンクやスイーツの特集です。ご堪能あれ!

年末年始はマカダミアの韓国レシピと共に話題の韓ドラ一気見作戦!

韓国ドラマ、今年もアツかったですね!ハマったわ〜という方も多いのではないでしょうか?韓国ドラマといえば、食欲そそるグルメの数々。あの長い金属のお箸で美味しそうに食べ、チャミスルで流し込む俳優さんたちに釘付けになってしまいます。食欲を刺激されたら!韓国グルメ、作っちゃいましょう!しかも美味しいマカダミアを掛け合わせて、さらにパワーアップ。おいしくて堪らない!ミラクルなレシピをご紹介します。